愛人生活
パパ活していたアラフォー主婦に毎回2万円タクシー代をくれるパパ 私は20歳で愛人生活をすることになりました。両親を知らない私は施設で育ち、とにかく早く安定した生活をおくりたいと思っていました。一人で生きて行く自信がなかったのです。結婚という道もあったのですが、私は人を愛することができませんでした。愛するということがわからなかったのです。男性を好きになったこともありませんでした。だから、愛人生活をするまで他人に特別な感情を抱いたことはありませんでした。皮肉ですが愛人生活をおくったことで私は愛を知ることになったのです。出会い系サイトで知り合ったその男性は、私よりも30歳は年上の男性でした。私はその彼に始めて会った時からなぜか安心感を感じていました。彼といると守られているという実感があったのです。父親を知らずに育った私は彼に父親を重ねていたのかもしれません。彼はとても私を大切にしてくれました。そして、彼と出会い始めて愛される喜びを知ったのです。彼と出会い、もう5年になりますが今でも彼への愛は変わりません。彼のおかげで私は人を愛する喜びも知りました。彼は、今でも私を変わらずに愛してくれています。私の境遇も知っているので、なおさら大切にしてくれているのでしょう。彼は私に対して父親のような役割もしてくれています。私は彼のおかげで父親の存在というものを知ることもできたような気がします。私と彼の生活は愛に溢れています。世間でなんといわれようともこれが私の愛人生活です。 就活アプリ 愛人募集アプリ
全スレッド:0件
スレッド作成|検索|更新


[1]前へ|次へ[3]

管理人へ連絡
管理ログイン
掲示板を作る
無料レンタル掲示板
- パンダBBS -